洗浄力が高すぎると頭皮の水分が失われる?の情報ページ

洗浄力が高すぎると頭皮の水分が失われる?

洗浄力が高すぎると頭皮の水分が失われる?

乾燥する季節になると肌は水分を失いカサカサになる事があるのですが、肌は水分を失うと外部からの刺激に対抗するバリア機能が落ちてくることになり、紫外線などの強力な刺激はもちろんのこと摩擦など軽微な刺激にも抵抗力を失うことになります。

 

また肌が水分を失うのは季節的な要素ばかりでなく、皮脂を必要以上に取り除いた場合も同様で、肌を覆う皮脂が失われたことで水分蒸発が早くなり、かさつきやすく抵抗力も落ちてくることになります。

 

抵抗力が落ちた肌は表面が荒れるとともに内部の毛穴にもダメージを与えることになり、毛髪の正常な生育を妨げたり抜け毛など症状がより悪化する場合もあります。

 

つまり洗浄力が高すぎるシャンプーを利用した場合には皮脂を失うことで肌荒れが進行する恐れがあり、特に肌が弱い方は程よく洗浄できる低刺激タイプの製品を選択することをお勧めします。

▲洗浄力が高すぎると頭皮の水分が失われる? 上へ戻る

洗浄力が高すぎると頭皮の水分が失われる? 先頭へ戻る