角質異状で炎症も起きやすい粃糠性脱毛症の情報ページ

角質異状で炎症も起きやすい粃糠性脱毛症

角質異状で炎症も起きやすい粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症の場合は、ただフケが出るというだけではなく、何層にも重なってかさぶた状態となって毛穴を塞ぎます。これは肉眼で確認しにくいので、脱毛の症状が出るまで気がつかないということも多いようです。

 

ですので、あまりにも毎日大量のフケが出てしまうのであれば、皮膚科などで診察をしてもらうようにしましょう。

 

もしかしたら、感染症などで皮膚疾患が起きていて、角質異常になっていることで炎症が起きている可能性もあります。

 

こういった場合は、脱毛の治療というより、まずは頭皮の異常を改善しなくてはいけませんから、ちゃんと診察をして適切な治療を受けましょう。

 

ただし粃糠性脱毛症は、ホルモンのバランスやストレス、アレルギー体質などが原因になることもあります。

 

このように、自分の身体に何らかの原因がある場合は、粃糠性脱毛症の症状を改善しながら、同時に原因を取り除いていくことが必要となります。ですが自分で粃糠性脱毛症を判断するのは難しいため、症状の度合いがどうであっても一度は医師の診察を受けた方がいいかもしれません。

 

またフケでも頭皮が乾燥している場合には、洗浄力が高いシャンプーだとよりフケが出やすくなる場合もあるので、洗浄力が温和なシャンプーを使用していくとよいでしょう。

▲角質異状で炎症も起きやすい粃糠性脱毛症 上へ戻る

角質異状で炎症も起きやすい粃糠性脱毛症 先頭へ戻る