粃糠性脱毛症の原因と対策についての情報ページ

粃糠性脱毛症の原因と対策について

粃糠性脱毛症の原因と対策について

普通の脱毛症は、主に皮脂が毛穴に詰まり、そこに細菌が住み着くことで炎症が引き起こされて毛根組織にダメージを与えることで発症します。

 

ですが、粃糠性脱毛症の場合は、皮脂ではなくフケなど頭皮の角質が毛穴を塞ぐことで、細菌が繁殖して毛根部分にまで炎症が広がることで発症します。

 

女性の方が頭皮が乾燥しやすいので、起きやすいといわれています。もちろん男性でも乾燥してフケが出やすい方もいますが、女性の場合には女性ホルモンが減少すると頭皮が乾燥するので、代謝不足になりフケが出やすくなります。

 

単純に言ってしまうと、普通の脱毛は皮脂が原因ですが、粃糠性脱毛症はフケが原因の脱毛症ということになります。

 

ただし、フケが多いというぐらいで粃糠性脱毛症とは判断できません。

 

脂漏性脱毛症でも単に頭皮がべたつく、かゆみがあるというだけで判断できないのと同じです。フケは頭皮のターンオーバーによって古い角質が剥がれ落ちてきたもので、誰にでもありますし、ターンオーバーが活発だったらたくさんのフケが出るのが当たり前です。

 

ですから、フケの量が多くて薄毛だったとしても、粃糠性脱毛症とは限らないのですね。

▲粃糠性脱毛症の原因と対策について 上へ戻る

粃糠性脱毛症の原因と対策について 先頭へ戻る