ドライヤーを使って髪を乾燥させすぎないの情報ページ

ドライヤーを使って髪を乾燥させすぎない

ドライヤーを使って髪を乾燥させすぎない

次にドライヤーを使っていくのですが、髪が傷まないように弱めにして、なるべく短い時間ですませるのが重要です。

 

また、髪の毛を乾かそうとするだけでなく、頭皮もちゃんと乾くようにドライヤーをあてていき、高温な風があたり過ぎないように、ドライヤーを髪にあまり近づけ、同じところにずっとあたってしまわないようにドライヤーを動かしながらあてていきます。

 

また、必要以上に乾燥させないように気を付けなければなりません。乾燥させすぎると熱で髪が傷んでしまう場合も多いです。髪にも水分量が大切ですので、髪がパサついてしまう原因にもなってしまいますし、枝毛につながりやすいです。

 

育毛を考えているときはシャンプーやトリートメント後にしっかり乾かして育毛剤を使うことでより濃度の状態を保ちながら使用できるので、育毛剤を使用するときは髪をしっかり乾燥させた上で、乾燥させすぎないようにしていきましょう。

▲ドライヤーを使って髪を乾燥させすぎない 上へ戻る

ドライヤーを使って髪を乾燥させすぎない 先頭へ戻る